自動車電気装置整備士とは

自動車電気装置整備士とは

自動車電気装置整備士とは、自動車の電気装置の点検、修理、改造などを行い、自動車の電気システムを整備するスペシャリストに与えられる国家資格です。近年、車の電子化が進み、保安部品の装着が高まり、自動運転車も登場してくる現状を考えれば、これからは高い整備能力に加え、高度な診断能力を持った技術力が必要となります。電気の基礎を修得し、高度化する技術変化に対応できる電気系統の専門家として取得しておきたい国家資格です。

〇自動車電気装置整備士資格を取得するには〇

毎年3月に行われる国家試験(登録試験)を受けます。試験は「学科試験」と「実技試験」があります。学科試験は、基礎工学、法規、検査、電気の基礎、バッテリー、充電装置、始動装置、灯火/保安装置、冷暖房装置(フロン類回収、破壊法)電子制御装置、法令などで、実技試験は中間・修了・実技試験などです。

受験資格は、国土交通省が認定する専門学校・大学などの整備士を養成する過程を修了した人は実務経験なしで、それ以外の人は実務経験が必要とされます。実務経験は、学歴により異なりますが、1年6か月以上と2年以上とになります。

〇自動車電気装置整備士受講の講習会は〇

各都道府県の全国自動車電装品整備商工組合と自動車整備振興会から「二養講習会」募集案内が出されます。毎年10月から翌年3月にかけて10数回の講習会が催されます。

講習会に必要なテキストは、各県の全国自動車電装品整備商工組合が取り扱っています。電気装置整備テキストは、どなたでも購入できます。

〇自動車電気装置整備士資格取得の意義〇

国が認証する「優良自動車整備事業者(電気装置整備部門)」を取得するには、この自動車電気装置整備士資格取得者が2名以上必要となります。優良自動車整備事業者は、高度化する車の点検・診断するエキスパート事業場で、スキャンツールを始め、あらゆる車両に対応できる装備を有しています。

〇自動車電気装置整備士教材の購入について〇
「自動車整備技術 電気装置整備」または「自動車電気整備士 学科試験問題集」をご購入希望の方は各県組合にて取り扱いしております。お近くの県組合にお問い合わせください。
各県組合連絡先はこちら

自動車電気装置整備士試験結果

H29.03.26実施
( )内前年同期実績
種 類 申請者数 受験者数 合格者数 合格率% 受験率%
電気装置 73
(86)
71
(85)
50
(62)
70.4
(72.9)
97.3
(98.8)
H28.03.20実施
( )内前年同期実績
種 類 申請者数 受験者数 合格者数 合格率% 受験率%
電気装置 86
(66)
85
(66)
62
(41)
72.9
(62.1)
98.8
(100.0)
H27.03.22実施
( )内前年同期実績
種 類 申請者数 受験者数 合格者数 合格率% 受験率%
電気装置 66
(20)
66
(20)
41
(17)
62.1
(85.0)
100.0
(100.0)
H26.03.24実施
( )内前年同期実績
種 類 申請者数 受験者数 合格者数 合格率% 受験率%
電気装置 20
(34)
20
(34)
17
(26)
85.0
(76.5)
100.0
(100.0)
H25.03.24実施
( )内前年同期実績
種 類 申請者数 受験者数 合格者数 合格率% 受験率%
電気装置 34
(25)
34
(25)
26
(16)
76.5
(64.0)
100.0
(100.0)
H24.03.25実施
( )内前年同期実績
種 類 申請者数 受験者数 合格者数 合格率% 受験率%
電気装置 25
(79)
25
(76)
16
(56)
64.0
(73.7)
100.0
(96.2)

自動車整備技能登録試験日

自動車電気装置整備士過去問題

▲ページトップ